読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は自己対話を書きまーす。

一人暮らし始めて、半年以上たって、



生きることに余裕が出てきた。



人の目を気にせずに、やりたい事がやれるようになってきた。



心に、余裕が出てきた。





いま




俺の心は




何て言ってる?






「この命を使いたい」



って言ってる気がする。



一回だけの命を使いたい。


喜びを味わいたい。


感動したい。




前に、限界はそもそもない。


って言ったけど、それは違った。



限界はある。



それは、



僕らは、


この地球で生きているから。



自然科学の中で、この世のルール、この世の法則の中で生きている。


当たり前な話で、空気がなかったら死ぬし、水飲まなかったら死ぬし、何も食べなかったら死ぬ。



そんで、人間として生まれたから


ひとりだったら孤独で死ぬし、

喜びがなかったら生きていけない。



身体能力の限界はあるし、

人間の心は基本弱い。



この世で生きていく時点で制約はある。限界はある。


だから、求めても得られないものは得られない。




ただ、得られるかどうかはわからない。


限界のラインがどこにあるかはわからない。



それがわかるのは120%でやった時。

本気でやった時。



だから、やる前に知ってるつもりになってはいけない。




そんなこの世で、



”俺は何がしたいのか”



この命を無駄にしたくない。


この命を使わないのは勿体無い。



どうせ生きるなら、思いっきり楽しい人生にしたい。



自分を喜ばせたい。




お前は何がしたいんだ?




心の声を聞け。


耳を傾けろ。


ワクワクに従え。



心に正直であれ。



今したいと思う事は何だ?



なりたいと思う理想の姿はあるか?



それはどんな姿か?





一生を楽しめ。人生を楽しめ。サスケ。


それがお前がやりたいことだ。


それが、心が求めてることだ。



人生は冒険だ。