読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何をすべきなのか考えてみるしてない

今日、激動の時代と言われている世界の中僕らは生活してる。


何が激動なの?


って思ってたけど、



世の中の最先端や裏側を知っていくと、


どうやらほんとに激しく世の中が変わっていってるみたい。


時代って何十年かの周期で、

平安と激動を繰り返すんだって。


繰り返して来たんだって、


前の激動は戦争


その前は明治維新



その前はわからない!笑




難しいことはわからないけど、



この先、21世紀を生きる僕らはどのようにして生きていったらいいのだろうか?


先のことを考える人は


誰しも少なからず未来に不安を持ってると思う。


おれもその一人。



大前提として、

幸せな人生にしたい。



まず、仕事してご飯代稼がないと

食べていけないから生きていけない。

から仕事しないとな。


仕事が落ち着いて来て、今を生きることができるようになったら、


人生のクオリティを求めて生きたい。


おれが求めてるものは、


”楽しさと喜び”


趣味で楽しみ、仕事で喜ぶ。


簡単にいったらこれ。



これを人生でやりたい。


趣味は時間とお金と仲間を確保すればできるから問題ない。


重要なのが仕事。


おれができること。おれがやるべきこと。

で、だれかためになって喜んでもらって、

おれも喜ぶ。


そんな仕事がしたい。



どんな働き方をすればいいのか?



いま、いろんな成功法則の本が数え切れないほど出版されてる。


んで次から次へと新しい本が出てくる。


おれが思うに、一人一人成功の仕方が違うから

この本は全ての人が成功できる本だよ!

ってものは存在しない話ってことだと思う。


だから、自分で見つけ出さなきゃいけない。


そして、自分で実際に体験して、自分の成功哲学を作りましていかなきゃいけない。



そんな中で、

俺が見つけた

こうやっていったらいいんじゃないかな?

ってのが、


”本質にそってやる”

”時代にそってやる”


これ。



本質的ってかなり抽象的だけど、

昔から大切にされてた当たり前のことをやるって感覚が近いかな。


挨拶とか思いやりとか信頼とか、、


あと、本質的にやってても時代に合ってないことをやってしまうと、

的外れになってしまう。


今はどんな時代なのか?

これからどんな時代になっていくのか?

をつねに学んで自分のやることと統合させていく。



感情任せにばーーっと描いてみました。